高校留学では安全でいたい

  • フィリピンへの親子留学で英語をマスター

    • 最近では、フィリピンなど英語圏の国へ親子で留学するケースが珍しくありません。



      もちろん、親子留学には相応のメリットがあります。
      それは、親子留学するため二人部屋に宿泊することで費用を安価に抑えることができること。


      次に、英語の習得により、親子の絆がより一層深まり、帰国後も円満な家庭環境が継続するケースが多いこと。そして、留学中には、英語学校が休みの時を利用して、ショッピングやリゾート地へのプチ旅行などが楽しめ、親子の楽しい思い出が出来ることが挙げられます。

      もちろん、英語圏の国に限定して留学する必要はまったくありませんが、英語がインターナショナルランゲージであることを考慮すれば、アメリカ・カナダ・英国・フィリピンなどへの留学がお奨めかと思われます。

      goo ニュースに関する疑問にお答えします。

      なかでも、親子留学のコストパフォーマンスを考えれば、フィリピンがお奨めでしょう。

      フィリピン国内にはセブ島をはじめとする無数のリゾート地があふれており、楽しい時間を親子で満喫できることは間違いありません。

      親子で1か月も同じ部屋に泊っていたら、親子喧嘩が絶えないのではないかと心配される方がいるかもしれませんが、実際は、英語での会話しか許されていない語学学校が多く、なかなか親子といえども英語でケンカはしにくいものという口コミが広がっています。

      ですから、その点は心配せず、夏休み期間中を利用するなど、リーズナブルな価格で親子留学を体験し、視野を広げ思い出をたくさん作って帰国していただきたいと考えます。



      血の通った親子です。外国にいても助け合える存在であり、お互いの大切さに改めて気づくものと思われます。


top